PayPay

【徹底比較】楽天経済圏とpaypay経済圏の違い9つ+αを比較


どうも、じゅん Payです。

今回の記事は楽天経済圏と  paypay経済圏を徹底的に比較します。

現在は様々な経済圏が出てきました。どの経済圏がお得か気になりません?

著者は比較したことがありませんでした。経済圏によっては改悪の情報が増えています。

経済圏の情報を集めることは、重要だと感じて情報をまとめました。

楽天経済圏とPayPay経済圏を使っているよ!

この記事では楽天経済圏とPayPay経済圏の比較をするよ。

この記事は下記の方の役に立てます
  • 楽天経済圏と paypay経済圏が気になる方
  • 楽天経済圏から paypay経済圏に引っ越しを考えている方
  • 楽天経済圏と paypay経済圏の違いが知りたい方
この記事を読むとわかること
  • 楽天経済圏と paypay経済圏の違い
  • 2社のサービスの違い

運営会社の比較

楽天のサービスを運営している会社の楽天グループ株式会社と  PayPayを運営している会社の PayPay株式会社(ソフトバンクグループ)の違いについて紹介していきます。

本来であれば、楽天グループとZホールディグス(株)やソフトバンク(株)の比較が適していますが、Zホールディグスやソフトバンクも多岐に渡り、事業を行っています。

記事にすると複雑になると思い、PayPay経済圏の運営会社はイメージをしやすいように PayPay株式会社の情報を案内します。

楽天グループ株式会社

売上:1兆6817億5700万円(連結)2021年12月情報

代表取締役:三木谷 浩史

従業員数:28,261人

本社:東京都世田谷区玉川1-14-1楽天クリムゾンハウス

資本金:2896億7300万円

関連会社:楽天モバイル株式会社

     楽天コミュニケーションズ株式会社

     楽天カード株式会社

     楽天銀行株式会社

     楽天インシュアランスホールディグス株式会社(その他保険関連4社)

     楽天投信投資顧問株式会社

     楽天ペイメント株式会社(その他ペイメント関連2社)

事業内容:インターネットサービス(ポータルサイト、オンラインモールの運営)

その他に多数の関連会社があります。楽天グループは日本を代表する非常に大きな会社です。非常に大きな会社だからこそ、経済圏を運営できています。

引用サイト:https://ja.wikipedia.org/wiki/楽天グループ

楽天グループも様々な事業を行っているね

 PayPay株式会社

 PayPay株式会社はソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁会社です。

楽天グループ(株)と PayPay株式会社では比較対象が異なる印象もありますが、

ソフトバンク株式会社も多岐にわたり事業を行っています。

売上:91億5900万円(2020年3月期) 

代表取締役:中山 一郎

従業員数:1600名

本社:東京都千代田区紀尾井町1-3東京ガーデンテラス紀尾井町紀尾井タワー

資本金:230億円

関連会社:ソフトバンクグループ株式会社

     ソフトバンク株式会社

      Zホールディグス株式会社

事業内容:モバイルペイメント等電子決済サービスの開発提供

 PayPay株式会社の事業内容はです。 PayPayサービスに特化している会社です。

 PayPay株式会社と楽天を比較すると楽天は楽天ペイメント株式会社を紹介する記事が必要ですね。

会社の詳細比較は別の記事を作成していきます。

PayPayはソフトバンクやYahoo!のサービスだね

クレジットカードの比較

楽天経済圏でお得に使えるクレジットカードと、 PayPay経済圏で使えるお得なクレジットカードを紹介します。

楽天カード

楽天経済圏でお得に使えるカードは楽天カードです。楽天経済圏で生活するのであれば楽天カードは必須アイテム①。楽天カードを持つだけで、楽天市場でお買い物する時に、楽天ポイントの還元率がアップします。

SPUが2倍増えます(通常分と特典分)楽天カードは大きく分けると通常カードとゴールドカード、プレミアムカードに分類できます。細かく分けると銀行カードや、企業と一緒にやっているカードがあります。(ANAやアルペン、ゆうちょ、西友など)

各カードの概要を紹介し後に、各カードの説明を記載しています。

各カードの概要を紹介し後に、各カードの説明を記載しています。

楽天カード(通常)の情報
発行枚数2500万枚(2021年12月)
年会費永年無料
ポイント還元率1%(100円に付き1ポイント)
楽天市場での還元率3倍アップ

楽天カード気になっている人は↓をクリック/

年会費永年無料の楽天カードの申込はこちらから
楽天ゴールドカードの情報
発行枚数不明
年会費 2200円
ポイント還元率1%(100円に付き1ポイント)
楽天市場での還元率3倍+お誕生日月に1倍

楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカードの情報
発行枚数不明
年会費11,000円(税込)
ポイント還元率1%(100円に付き1ポイント)
楽天市場での還元率5倍(限定サービスでさらに還元率がUP)

\ 一歩先の楽天カードが気になる人は↓をクリック/

楽天プレミアムカードの申込はこちらから

楽天カードのまとめ

楽天カードは通常のカードで十分にお得に楽天ポイントが貯めれてます。

年会費は永年無料。

ゴールドカードは年会費が2200円かかりますが、国内の空港のラウンジが2回使えるようになります。

年2回程度、旅行にいく人でしたらメリットはありますね。

楽天カードゴールドで出発前に、空港ラウンジで優雅な時間を過ごしましょう。

プレミアムカードは楽天市場でたくさんお買い物をする人であれば、有用ですね。

その他にもプレミアムカードだからこそ受けられるサービスがたくさんあります。

旅行に行く人は、ゴールドやプレミアムカードだとメリットは大きいですね

【楽天超初心者】楽天カードを入手して、楽天ポイントを獲得する方法 こんにちは。じゅんPayです。 本日は楽天カードを入手して、楽天ポイントを入手する方法を紹介します。楽天カードは日本で一番使われ...

PayPayカード

 PayPayカードは PayPay経済圏で使うには必須アイテムです。

2021年12月1日に発行がスタートしたカードです。 PayPayカードは元々はYahoo!カードです。Yahoo!カードを使っていた方は順次 PayPayカードに切り替わります。

PayPayカードの情報
PayPayカード会員数789万人
年会費無料
還元率1%〜3%(Yahoo!ショッピングの利用など)

 PayPayカードを利用しても1%の PayPayポイントが付与されます。

PayPayアプリを使って、PayPayカードを支払い方法に登録すると、よりPayPayポイントが貯めれるようになります。

PayPayカードはまだゴールドカードやプレミアムカードはありません。

PayPayカードも年会費無料です。これから順次サービスが追加になっていくでしょう。

PayPayカードのまとめ

PayPayカードは発行されてからまだ時間が経っていません。これから順次サービスが整ってくることを願いましょう。

PayPayカードはカード自体に、カード番号が記載されていない特徴があります。

メリットはカードにカード番号がないので、セキュリティーが高まりますね

デメリットとしては、カード番号を確認する際に毎回、カード会員ページにアクセスする必要があります。

PayPayカードはナンバーレス!

カード本体にカード番号の記載がないよ!!

決済アプリ 楽天ペイとPayPayの比較

楽天もPayPayも決済アプリがあります。

決済アプリを活用することにより、よりポイントが貯まります。

日常生活で、いかに多くの買い物で決済アプリを使えるかが重要になります。

楽天ペイ

ダウンロード数非公開(楽天カードは発行枚数は2500万枚)
還元率1%〜1.5%(加盟店でポイントカードを提示するとさらに1%)
利用可能店舗数500万店舗

楽天経済圏で生活するための必須アイテム②です。楽天カードからチャージするとポイント還元率1.5%に増えます。いつものお買い物を、楽天カードを使ってチャージした楽天 ペイで支払いをすると大変お得にポイントがもらえます。

楽天ペイでは楽天ポイントを支払いに使うことができます。

貯めたポイントを簡単に、実店舗の支払いに使えるのはメリットですね。

PayPay

ダウンロード数4700万人以上(アカウントを持っている方の数)
還元率0.5%~1.5%
利用可能店舗数366万施設以上

PayPayは2018年10月5日からサービスが開始されました。

政府のQRコード支払いの推進で出てきた印象があります。

PayPayのサービスが始まった頃は、100億円還元キャンペーンをやっていた記憶があります。

当時、PayPayを使っている友人が数名、キャンペーンで当たり、ポイントが還元された話を聞きました。

PayPayのポイント還元率は、0.5%〜1.5%です。PayPayステップの条件の達成によって還元率が変わります。

 PayPayステップの条件の変更も最近ありました。「PayPayアプリを5万円以上の利用」「PayPayアプリを30回以上利用(300円以上の買い物)が条件です。あらゆる支払いをPayPayにリンクさせると5万円は可能です。

PayPayをお得に使う為のポイントは、

PayPayステップをクリアすることだよ!

    \ 夏のPayPay祭り実施中!このチャンスを見逃すな!! /

     PayPayのインストールはこちらから(IOS専用)   

    \ 夏のPayPay祭り実施中!このチャンスを見逃すな!! /

      PayPayのダウンロードはこちらから(Android専用)  

携帯電話会社の比較

楽天経済圏、PayPay経済圏。携帯会社も利用することで受けられる恩恵が増えます。

楽天経済圏であれば楽天モバイル・PayPay経済圏であればソフトバンクか、ワイモバイル。

携帯会社を変えることは大変ですが、今はインターネットやスマホからでも簡単に切り替えることができます。もちろんお店で変えることも可能です。

楽天モバイル

楽天モバイルの情報
契約者数数500万人程度
料金プラン980円〜2,980円(0円プランは終了)
特徴使った通信容量によって料金が変わる
メリットSPUがアップ
デメリット大型ショッピングモールの電波の入りが甘い

契約プランは1つになります。Rakuten UN-LIMIT Ⅶのみです。

新プランはSPUが2倍になります。楽天ダイヤモンド会員だと+1倍です。

0円プランがなくなりましたが、楽天市場で買い物をよくする人は楽天ポイントの還元率が増えました。

ショッピングモールなどで電話が入りにくいことがありましたが、基本的に不便はなかった印象です。(著者は東海エリアに住んでいます)

\ 楽天経済圏の必須アイテム /

楽天モバイル申込ページはこちらから

ソフトバンク

ソフトバンクの情報
契約者数4800万契約以上(ワイモバイルも含む)
大容量プラン(データ通信無制限)6580円(税抜)
0〜3G(ミニフィットプラン)1980円(税抜)
特徴家族割、ソフトバンク光を利用で割引があり

PayPayにてソフトバンク限定のクーポンが発行されます。50%還元などのクーポンがあります。大手ドラッグストアや、飲食店のクーポンがあります。

大手キャリアなので電話の品質は抜群ですね!

ワイモバイル

ワイモバイルはソフトバンクの格安料金プランの携帯会社です。

ワイモバイルの情報
契約者数700万契約突破
Sプラン通信容量3G 2,178円(税込)
Mプラン通信容量15G    3,278円(税込)
Lプラン通信容量25G    4158円(税込)
特徴月額550円のEnjoyパックでよりお得に

ワイモバイルは家族でワイモバイルに入ると1182円/月の割引を受けられます。

ワイモバイルのEnjoyパック(月額550円)に加入すると、Yahoo!ショップやPayPayモールで使える500円分のクーポン券がもらえます。

クーポン以外にも、エンジョイパック会員ならPayPayポイントが+5%増えます。

月額550円(税込)で、PayPayモールやYahoo!ショッピングで使えるクーポンがもらえて、ポイント還元率が+5%になる。

Enjoyパック会員にならない理由はないですね。

ソフトバンクとYモバの携帯料金はPayPayで払えるよ!

PayPayステップ条件達成に近づけるよ〜

オンラインショップの比較

経済圏の最大のメリット。オンラインショップを活用するとたくさんのポイントがもらえます。楽天経済圏もPayPay経済圏もオンラインショップで買い物をするとポイントが高還元されます。

楽天経済圏と PayPay経済圏の違いを見ていきましょう。

楽天経済圏は楽天市場。PayPay経済圏は PayPayモールか、Yahoo!ショッピング。

この二つの経済圏のオンラインショップを比較します。

楽天市場

出店店舗数:55,2021店(2021年12月時点)

流通金額:5兆円

楽天経済圏といえば楽天市場ですね。

楽天市場の買い物でいかにポイント還元率を増やせるかが重要です。

SPUを増やすことによって、最大40%まで増やすことができます。

お得に買える日があります。0や5のつく日キャンペーン。期間中に買い物をすると還元率が増えていくキャンペーンもあります。お買い物マラソンというキャンペーンです。

余談ですが、楽天市場はAmazonジャパンより規模が大きいですよ

 PayPayモールとYahoo!ショッピング

出店店舗数:1,000店舗(PayPayモール)1,170,000店(Yahoo!ショップング)

流通金額:8700億円

PayPay経済圏といえば、 PayPayモールか、Yahoo!ショッピングです。

PayPayモールとYahoo!ショッピングは、PayPayユーザーであれば、楽天のようにお店を買い回らないで、高還元率を狙えます。

タイミングにもよりますが、還元率30%程度は狙うことが可能です。

日曜に買い物をすると還元率が増えます。また5のつく日に買い物をすると還元率が上がります。

楽天のように買い周りをしないで、ある程度の還元率を狙うことも可能です。

Yahoo!ショッピングとPayPayモールが統合。LINEと連携というニュースもありました。

楽天ポイントとPayPayポイントの比較

楽天経済圏とPayPay経済圏の両方の経済圏で一番大切なアイテム。

ポイントです。ポイントはどこでも使えるようになりました。お金とほぼ変わらないと言っても過言ではないです。

楽天ポイントとPayPayポイントについて紹介します。

楽天ポイントについて

楽天経済圏で最も集めるべきアイテムです。

楽天ポイントは楽天市場や楽天ペイの支払いで使うこともできます。

お金の代わりになると言っても良いでしょう。

楽天ポイントの種類

  • 通常ポイント  利用期限:1年間
  • 期間限定ポイント 利用期限:1ヶ月

期間限定ポイントは特定のキャンペーンを利用すると付与されます。

ポイントは貯めないで使っていきましょう。ポイントは支払いに使ったり、投資信託の購入や楽天市場での商品の購入に使えます。

せっかく貯めたポイントが失効するのは、もったいないよね

【楽天カード】2021年度獲得ポイント実績発表 PayPayカード比較有 こんにちは。今日は楽天カードのポイント獲得実績・獲得方法について紹介します。 著者は楽天カードユーザーです。加えて2021年の2...

PayPayポイントについて

PayPay経済圏で入手できるポイントです。PayPayポイントもあらゆる場面で使うことが可能です。

PayPayポイントの種類

  • PayPayポイント 利用期限:60日
  • PayPayボーナスライト 利用期限:無制限

 PayPayポイントも楽天同様に2種類あります。

PayPayボーナスライトは特定のキャンペーンに入手できます。簡単にいうと期間限定ポイントですね

利用期限月のポイントは楽天ポイントより長いですね。

PayPay残高支払いを行うとPayPayボーナスライトから優先的に使われます。

日頃からPayPayアプリを使って、買い物をしている方は60日間あれば十分に使いきることが出来そうですね。

【2022】paypayポイント獲得報告まとめ こんにちは。 この記事では「2022年のPayPayの利用実績とポイント獲得」を紹介します。 PayPayポイントの獲得を...

楽天証券とPayPay証券の比較

経済圏では証券口座も大切。獲得したポイントを株式運用に回すことによって、リスクなく株式運用ができるよ。楽天経済圏とPayPay経済圏で使える証券会社を紹介します。

楽天証券

楽天証券も活用することにより、SPUが1〜2倍にアップします。株式運用や投資信託を購入して、さらにポイント還元率を増やせる。非常にお得に使える証券口座です。

楽天証券の情報

口座数:700万口座(2021年12月)

特徴:ネット証券で業界No1です。ここ最近はポイント付与に関しては改悪の情報が出ていますが、とても使い安い証券口座です。アメリカ株にも投資が出来ます。著者も積立NISAを楽天証券にて行っています。

PayPay証券

PayPay証券の情報

口座数:17,5万口座

特徴:大手企業株も1000円から買い付け可能

   PayPayから入金手続き可能

PayPayから入金が出来ます。PayPayマネーを使うことにより、入金が可能になります。PayPayと銀行を連携させて、PayPayマネーがチャージ出来ます。PayPayマネーをPayPay証券にする流れになります。

PayPayと証券口座を連携させると入金作業が省略できます。

日本やアメリアの有名企業の株を1,000円から買うことが可能です。まずは少額から株を始めたい人にとっては最適な証券会社です。

この記事を作成中にPayPay証券口座を開設したよ。後日、紹介するよ!

楽天銀行とPayPay銀行の比較

楽天と PayPayもネットバンクがあります。ネットバンクを活用することにより、便利かつお得に経済圏で生活できるようになります。

楽天銀行

楽天が運用しているネット銀行です。楽天証券と連動させると普通預金の金利が上がります。大手銀行の金利とは桁が違う0.1%です。条件としては楽天証券と楽天銀行の連携。

楽天銀行の情報
  • 口座数:1,200万口座
  • 銀行引落設定と、給与口座設定を行うSPU+1倍
  • ATM手数料:最大7回無料(条件あり)
  • 大手銀行と比べると、普通預金金利が好金利

楽天カードの引き落としを楽天銀行に設定すると、楽天市場でのお買い物でもらえるポイントが0.5倍に増えます。さらに楽天銀行口座を給与口座にすると楽天市場でのお買い物でもらえるポイントが0.5倍に増えます。

楽天カードの引き落とし設定と、楽天銀行を給与口座に設定するとSPUが1倍になります。

ATM手数料はハッピープログラムにエントリーすると最大7回無料になります。

ハッポープログラムにエントリーすると、他行への振込も最大3回無料になります。

普通預金の金利も好金利!証券口座の連携も楽ちん!!

PayPay銀行

PayPayもネット銀行のサービスを行っております。PayPay銀行は日本初のネット銀行ジャパンネット銀行が2021年に社名を変更してPayPay銀行になりした。

PayPay銀行の情報
  • 口座数:571万口座
  • PayPay銀行からPayPayへの出入金手数料は無料
  • 提携ATM利用で月1回は無料

メリット:PayPay銀行からPayPayへの出入金はいつでも、何度も手数料は無料です。

PayPayを使っている人は非常に便利に使えます。

提携ATMを利用すると手数料がお得です。

毎月1回目は0円。2回目以降は165円かかります。

30,000円以上利用すると無料になります。

提携ATMは、セブン銀行、イオン銀行、ローソン銀行ATM、Enet、三井住友銀行、ゆうちょ銀行に、 PayPay銀行の提携ATMは身近になるATMばかり、ATM利用も不便なく使えそうです。

PayPayの連携が抜群。出入金の手数料無料がいいね!

電気会社の比較

楽天でんき

現在は新規募集は終了しております。

以前は楽天でんきを使っているとSPUが上がりましたが、現在使っている方もSPUの恩恵はもらえてません。

電気代が楽天ポイントで支払えるのがメリットです。ポイント支払いも期間限定ポイントも使えるので期間限定ポイントを使い忘れるリスクを減らすことが出来ました。

楽天でんきは今は新規で申込ができないよ!

ソフトバンクでんき

PayPay経済圏はソフトバンクとの繋がりが強くなります。電気料金を携帯電話料金やインターネット料金とまとめて支払うことができます。

PayPayアプリとソフトバンクまたはワイモバイルを連携させることにより、PayPayで支払いが可能です。

PayPayステップの条件達成に使えます。またPayPayポイントで携帯電話料金が支払えます。

ソフトバンクやワイモバイルを使っている方であれば、電気料金が少し安くなります。

携帯がソフトバンクやワイモバイルを使っている人は

検討しても良いかもね!

その他の楽天とPayPayの比較

その他に関しては順次、情報を更新していくよ。

フリマサイトは手数料が行なったり、ふるさと納税サイトはポイント還元率が違ったり、細かな違いがあるよ!

本に関しては大きな違いはないかな?ebookjapanは金曜日に買うとポイントがたくさんもらえるよ

フリマサイトや旅行サイトは使ったことないから

情報が記載できなくてごめんなさい!!

フリマサイト

・ラクマ

・PayPayフリマ

旅行

・楽天トラベル

・Yahoo!トラベル

ふるさと納税

・楽天ふるさと納税

・さとふる

・楽天ブックス

・ebookjapan

電子書籍

・楽天Kobo

・ebookjapan

ファッション

・Rakuten Fashion

・ZOZO TOWN PayPayモール

野球

・東北楽天ゴールデンイーグルス(本拠地:楽天生命パーク宮城)

・福岡ソフトバンクボークス(本拠地:福岡PayPayドーム)

サッカー

・ヴィッセル神戸(楽天)

・なし(PayPay)

楽天とPayPayの比較のまとめ

楽天経済圏もPayPay経済圏も提供しているサービスは大きく変わりません。

楽天にあって、PayPayに無いもの。PayPayにあって楽天に無いものはなかったです。

楽天経済圏の方が規模が大きい印象です。

PayPay経済圏もYahoo!ショッピングとの統合のニュースもありましたのでこれから期待です。

楽天経済圏がおすすめな人

今まで楽天カードをメインに使っていた人

今使っている携帯電話のキャリアを楽天モバイルに変えて、楽天経済圏でのポイント獲得を頑張る。

PayPay経済圏がおすすめな人

今までソフトバンク系のキャリアを使っている人

PayPayを積極的に利用する。

楽天もPayPayもポイントがたくさん獲得できるキャンペーンは多く行われます。

キャンペーンを活用することにより、多くのポイントを獲得して、お得に生活できるようになります。

著者は2022年はPayPay経済圏で生活を行います。切り替えには苦労がなかったです。

楽天のお買い物マラソンのように買い周りをしなくてもポイントの高還元が狙えるのが、PayPay経済圏のメリットだと体感しています。

楽天の実績を比べてどちらがお得か研究していきます。

最後までありがとうございました。

ABOUT ME
じゅんPay
こんにちは。 私は36歳のどこにでいるサラリーマン。2児のパパブロガーです。 毎日、仕事に追われて、頑張る日々。お給料も簡単に増えない。 その代わりにいかにポイントをお得に獲得できるかを考えるようになりました。 楽天は約10年使い、今はPayPayを使い始めています。 楽天経済圏で生活をしていました。現在は、PayPay経済圏で生活をしています。 カードはもちろん、QRコード決済、オンラインでの買い物、携帯電話、インターネット。 そんな経験を記事にしています。 経済圏選びに迷っているあなたに役に立てるように情報発信して参ります。 「Amazonのアソシエイトとして、当メディアは適格販売により収入を得ています。」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA